省スペースの回診用(回診車)、耳鼻科用、災害・在宅医療用移動型小型ポータブルX線撮影装置メーカー、修理メンテナンスのご相談

【耳鼻科用CT撮影装置】KR-X SCAN

【耳鼻科用CT撮影装置】KR-X SCAN

 低線量なコーンビームCTを採用

コーンビーム型CT撮影装置の線量=0.78mGy(頭部撮影)

X線一般撮影装置の線量=1.7mGy(頭部撮影)
一般的なCTの頭部撮影の線量=30.0mGy

【身近な放射線の量】

私たちは常に微量の放射線を受けながら生活しています。

・日常生活で自然に受ける放射線量(1年間)=2.4mGy

・飛行機搭乗による被ばく量(東京~ニューヨーク間往復)=0.2mGy

  kr_x_img01-225x387

 

 

DICOM標準採用にてDICOM機器に簡単に接続可能

 kinki-combi-scan-img01

 

3Dへの対応ソフト標準採用

MPR(Multi Planar Reconstruction)とは、CT撮影により取得したZ軸スライスデータを再構成し、正面及び水平断面を生成し、”求められる位置のスライス面を求める方向で見る”ことのできる機能です。

3種類の断面に該当する、それぞれの軸を移動させることにより、求める位置の断面が確認でき、また軸の回転機能を利用すると、座標軸に対し垂直ではない方向の断面も確認することができます。

 

 

設置に必要な撮影室スペースは業界最小クラス

外寸150cm×150cm以上の撮影室であれば設置可能です。

 

FOV(撮影範囲)はφ16cm(直径)×10cm(高さ)

レーザーにより目視で撮影範囲の確認、移動式回転部による位置付けなど、簡単な操作で撮影できます。

10cmの高さが撮影できるため、前頭洞を含め副鼻腔の全てを一度に、また左右の耳も一度に撮影可能です。
※全ての患者様の撮影が可能ではありません。頭部の大きさにより撮影できない場合があります

 

一般的名称 アーム型X線CT診断装置
販売名 KR-XSCAN
消費電力(最大) 2.0kVA
高圧発生器 直流インバータ方式
X線管焦点 0.5mm
管電圧 60KV~90KV
管電流 5mA~10mA
照射時間 19sec(CT)
ボクセルサイズ 0.18mm
FOV Φ100m×160mm
スライス幅 0.183mm×0.427mm
 医療機器認証番号                       225AGBZX00003000  

設置に必要な撮影室スペースは業界最小クラス

外寸150cm×150cm以上の撮影室であれば設置可能です。

お問い合わせ

このホームページでは、ケンコー・トキナー メディカルイメージング製品に関する情報を、医療関係者の方に提供することを目的として作成されています。医療関係者以外の一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんので、予めご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップ